万田実ファンタスティックアドベンチャー

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説『マーメイド』第1回

<<   作成日時 : 2018/07/05 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



<万田実オリジナル小説『マーメイド』第1回>



登場人物   小林 哲 (こばやし さとる)

         若月 麗 (わかづき れい)


<小説『マーメイド』第1回>


小林哲は考えていた。

20年勤め上げた会社に整理され、

この街で孤立した自分に気付いてくれる人が、

果たして何人いるだろうかと。


しかし、今の気持ちは清々しかった。


職はないが金はある哲は、


次の仕事に就くまでの

つかの間の自由を

満喫しようと決めていた。


平日にネクタイを締めないで

この街を歩くのは、


何年ぶりだろうか。


今日は気分を換えて、

いつも

通り過ぎていただけ

だった

イタリアンレストランに入った。


小林哲は、

失職と同時に妻と娘を失った。


6月17日の父の日を目前にして

職と家族を失った小林哲は、


この街で一人だった。


レストランに入ると、

結婚指輪を輝かせながら、


主任風のウェイトレスが

テーブルを案内してくれた。


(亭主持ちか・・・。)


2週間前に

職と妻と娘を失った小林哲は、

無意識に

家庭のぬくもりを探していた。


この街にあろうはずのない

家庭という幻想が

一瞬の間

小林の脳裏をよぎったが、

すぐに消えた。


先ほどのウェイトレスが、

水を持ってきた。


「ご注文はお決まりでしょうか?」


配偶者がいるとは思えない、


嬉嬉とした甲高い声であった。


哲はこのウェイトレスに


新鮮な違和感を感じた。


このウェイトレスは


結婚指輪をしているが、


その臭いがしなかった。


不思議な感じがした。


「カルボナーラをひとつ」


「かしこまりました。

 ほかにご注文は?」


「いや」



「それでは出来上がり次第、

 すぐにお持ち致します。

 しばらくお待ち下さいませ!」



これが若月麗との不思議な出会いであった。

(つづく)







マーメイドリング ピンクゴールド  人魚 指輪 リング 女性 ファッションリング レディース
world-trend
マーメイドリング ピンクゴールド シルバー 人魚 指輪 ファッションリングアリエル マーメイドシェル


楽天市場 by マーメイドリング ピンクゴールド  人魚 指輪 リング 女性 ファッションリング レディース の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小説『マーメイド』第1回 万田実ファンタスティックアドベンチャー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる